Raspberry Pi link

Ren'py は Raspberry Pi での動作を限定的にサポートしています。Raspberry Pi 3B 上での動作は実証済ですが、他のモデルでも動作するかもしれません。

重要なのは、iOS や Android と比較しても Raspberry Pi は非常に制約のあるシステムであるという点です。ゆえに、全ての Ren'py 作品が Raspberry Pi 上で正常に動作するとは限りません。さらに、システムが許容する以上の RAM をゲームが使用すると Ren'py がクラッシュする可能性があります。

Raspberry Pi が正しく設定されている場合、Ren'py はデバイスのハードウェアである OpenGL ES を使用して動作するはずです。これは Android や iOS のプラットフォームと同様に、 focus_mask が動作しないという制約を持つことを意味します。

Raspberry Pi の設定 link

Ren'py が使用される前に、Raspberry Pi は raspi-config tool により再設定されていなければいけません。これらの設定は高度なオプションに含まれます。

  • メモリ:256 MB

  • 解像度:1280x720 又はそれ以下

  • GL ドライバー:GL (Fake KMS)

設定を変更した後、Raspberry Pi を再起動してください。

Ren'py の設定 link

Raspverry Pi サポートは Ren'Py 自身に含まれていません。そのため、2つのファイルをダウンロードする必要があります。 Linux 版のSDKと Raspberry Pi サポートファイルです。

Linux 版の SDK を展開し、その中に入り、Raspberry Pi サポートファイルを展開します。成功すれば、SDK 内に lib/linux-i686 や lib/linux-x86_64 と同様に lib/linux-armv7l が格納されます。

ゲームを起動する link

Raspberry Pi はリソースが限られたプラットフォームであるため、Ren'Py launcher は避けることを推奨します。代わりに、プロジェクトの起動には次のようなコマンドにより直接 renpy.sh を使用することを提案します

./renpy.sh /path/to/project