変換 (Transform) link

変換を displayable に適用すると別の displayable が得られます。組み込みの変換を使うと画面上のオブジェクトの位置座標を変換出来ます。ユーザー定義の変換では移動、ズーム、回転などより複雑な効果を与えられます。

scene ステートメントや show ステートメントに at 節を与えることで変換を適用できます。以下のコードは、eileen happy displayable に 「 right 」変換を適用します。:

show eileen happy at right

複数の変換をカンマで区切って適用できます。その変換は左から右へ順に適用され、競合したら最も右のものが優先されます。:

show eileen happy at halfsize, right

displayable には、必ず変換が関わります。変換が与えられないと、それまで使っていた変換を引き継ぎます。変換が変えられると、定義されていない値は使っていた変換を引き継ぎ、使っていた変換がなければ default から取られます。

デフォルトの変換 link

Ren'Py では、組み込みの変換をいくつか定義しています。これらの変換は、画像を画面上に配置します。組み込みの各変換がどこに画像を配置するかをここに示します。:

+-----------------------------------------------------------+
|topleft, reset               top                   topright|
|                                                           |
|                                                           |
|                                                           |
|                                                           |
|                          truecenter                       |
|                                                           |
|                                                           |
|                                                           |
|                                                           |
|left                   center, default                right|
+-----------------------------------------------------------+

offscreenleft および offscreenright 変換は、画面外に画像を配置します。この変換は、画面外に画像を動かすのに使えます (リソースを浪費しないために、後で必ず hide してください)。

変換は次のとおりです:

center link

画面の中央下に配置します。

default link

画面の中央下に配置します。これは、show ステートメントや scene ステートメントによって表示される画像の位置のデフォルトを変更することで再定義できます。

left link

画面の左下に配置します。

offscreenleft link

画面よりも左に配置し、画面下部に合わせます。

offscreenright link

画面よりも左に配置し、画面下部に合わせます。

reset link

変換をリセットします。displayable を画面の左上に配置し、ズーム、回転その他の効果を消去します。

right link

画面の右下に配置します。

top link

画面の中央上に配置します。

topleft link

画面の左上に配置します。

topright link

画面の右上に配置します。

truecenter link

水平にも垂直にも中央に配置します。

ユーザー定義の変換 link

開発者は、 ATL , や Transform 関数を使って変換を定義できます。