環境変数 link

Ren'Py はその動作に影響を与えるいくつかの環境変数を受け付けます。これらの環境変数は Ren'Py のリリースの間に消えたり変更したりします。

以下の環境変数は、Ren'Py の挙動を制御します:

RENPY_DISABLE_JOYSTICK

設定すると、ジョイスティックの検出が無効化されます。異常なジョイスティックによって Ren'Py が期待しない動作をするときに使用して下さい。

RENPY_DISABLE_FULLSCREEN

設定すると、Ren'Py がフルスクリーンモードにならなくなります。

RENPY_DISABLE_SOUND

これによってサウンドの再生が起こらないようにします。この変数が "pss" を含む場合、サウンドの再生が無効化されます。

RENPY_DRAWABLE_RESOLUTION_TEXT

0 に設定すると Ren'Py は画面解像度でテキストを描画しません。'

RENPY_EDIT_PY

.edit.py ファイルへのパスで、テキストエディターをどのように呼び出すかを Ren'Py に知らせます。詳細は エディターとの統合 を参照して下さい。

RENPY_GL_ENVIRON

OpenGL テクスチャー環境を設定します。

RENPY_GL_RTT

OpenGL render-to-texture メソッドを設定します

RENPY_GL_VSYNC

これは Ren'Py が垂直同期するかどうかを決定します。 ( これはティアリングを防ぎますが、フレームレートが低下する可能性があります。 ) これを "0" に設定すると同期を無効化し、"1" に設定すると垂直同期します。

RENPY_LANGUAGE

設定すると、Ren'Py は与えられた翻訳言語を使用します。

RENPY_LESS_MEMORY

Ren'Py のメモリー使用量を減らしますが、速度が低下します。

RENPY_LESS_MOUSE

Ren'Py でマウスを常に無効化します。

RENPY_LESS_PAUSES

Ren'Py で {p} や {w} テキストタグによるポーズを無効化します。

RENPY_LESS_UPDATES

Ren'Py のスクリーン更新頻度を減らします。

RENPY_SCREENSHOT_PATTERN

スクリーンショトファイル名を作成するのび使用されるパターンです。これには代替文字 %d が 1 つあるべきです。例えばこれを "screenshot%04d.jpg" に設定すると Ren'Py は通常の png ではなく jpeg を書き出します。

RENPY_SIMPLE_EXCEPTIONS

設定すると、Ren'Py のグラフィカルな例外処理を無効化します。

RENPY_SKIP_MAIN_MENU

設定すると、メインメニューをスキップします。

RENPY_SKIP_SPLASHSCREEN

設定すると、スプラッシュスクリーンをスキップします。

RENPY_SOUND_BUFSIZE

これはサウンドバッファーサイズを制御します。デフォルト (2048) より大きい値はサウンドの音飛びを防ぎますが、再生時の読み込み時間が増えます。

RENPY_TIMEWARP

これは時間の処理をより早く、または遅くするために設定可能です。例えば 0.5 に設定すると半分のスピードで実行し、 2.0 に設定するとすべてが通常の 2 倍の速度で実行されます。

RENPY_USE_DRAWABLE_RESOLUTION

0 なら、Ren'Py はスクリーンのネイティブな解像度よりゲームの仮想解像度で (dissolve 変換やテキストレンダリングを含む) 操作を処理します。

RENPY_VARIANT

これはRen'Py に使用させたいスクリーンバージョンのスペース区切りのリストです。

Ren'Py は SDL を使用しているため、 SDL の環境変数でも制御可能です。

起動時に Ren'Py は Ren'Py ディレクトリー ( renpy.exe や renpy.sh があるディレクトリー ) から "environment.txt" を探します。存在するなら python ファイルとして評価し、そのファイルで定義された値は環境変数のデフォルト値として利用されます。