ファイルアクセス link

これらの Python 関数を使用すると、ゲームディレクトリーにあるファイルリソース、RPA アーカイブ、Android のリソースにアクセスできます。

renpy.file(fn) link

fn ファイルにアクセスする、読み込み専用のファイル風オブジェクトを返します。ファイルに Ren'Py の標準検索メソッドによってアクセスし、RPA アーカイブの中身や Android のリソースにもアクセスできます。

オブジェクトはバイナリモードで開かれた時の python 標準のファイルオブジェクトにあるフィールドやメソッドの広範なサブセットをサポートします。 ( 基本的には読み込み専用ファイルで有効なメソッドの全てです。 )

renpy.list_files(common=False) link

ゲームディレクトリーとアーカイブ内のファイルをリストアップします。ディレクトリーの区切りとして / を使用し、ファイルのリストを返します。

common

True なら、 common ディレクトリーのファイルもリストに含まれます。

renpy.loadable(filename) link

指定されたファイル名がロード可能、つまりそれがディスクかアーカイブ内からロード可能なら True を返します。それ以外の場合 False を返します。

稀に使用される関数 link

これらの関数は稀に使用されます。

renpy.exists(filename) link

サーチパスに指定されたファイル名が見付かれば True を返します。これはディスク上に物理ファイルが存在するときだけ動作し、アーカイブ内にある場合は発見出来ません。

ほとんどの場合この関数より renpy.loadable() を使用した方がよいでしょう。

renpy.fsdecode(s) link

ファイルシステムのエンコードから Unicode に変換します。

renpy.fsencode(s) link

Unicode からファイルシステムのエンコードに変換します。

renpy.image_size(im) link

イメージマニュピレーターを受け取り、ロードして、そのサイズのタプル (width, height) を返します。

これは画像のキャッシュを利用せずに、画像をディスクから読み込んで展開するため、動作が遅くなりがちです。