Interactive Director link

The Interactive Director is a too that allows you to edit the script of your game from inside Ren'Py itself, with a live preview of the results of your editing. The director is not not meant as a complete replacement for the use of a text editor, which is still required for writing the dialogue, choices, and logic of the visual novel.

以下を加えて、ゲームスクリプトの監督を助けます。 :

  • Image (say, show, hide) statements.

  • Transition (with) statements.
  • Audio (play, queue, stop, voice) statements.

Director の使用 link

D (Shiftなし) キーを押しながらゲームを開始すると Director にアクセスできます。初回起動時はゲームを再起動し、編集に必要なデータを用意します。

最初に表示される Director スクリーンは現在行以前に実行された行のリストを表示します。行リスト外をクリックしてスクリプトを進めるか、行リスト外でロールバックを押してロールバックしてください。行間の + のクリックで行を追加するか、 ✎ をクリックしてその行を編集してください。

行編集時には、適切な引数とともにステートメントタイプが選択できます。 "Add" を選ぶと新しい行を追加し、 "Change" なら既存の行を変更し、 "Cancel" なら編集をキャンセルし、 "Remove" なら既存の行を削除します。

編集が終わったら "Done" をクリックしてください。

変数 link

名前空間 director には Interactive Director の機能を制御する定義された多くの変数があります。これらは define ステートメントや Python の変更によって設定出来ます。

Scene, Show, and Hide link

director.tag_blacklist = { "black", "text", "vtext" } link

show, scene, hide ステートメントで表示されないタグのブラックリストです。

director.scene_tags = { "bg" } link

scene ステートメントに渡され、 show ステートメントでは非表示になるタグのset型です。

director.show_tags = set() link

空でなければ、このsetにあるタグのみが show ステートメントに渡されます。

director.transforms = [ "left", "center", "right" ] link

editorで表示される変換のリストです。これらに加え、 transform ステートメントにより定義された Ren'Py のデフォルトにない変換が変換のリストに加わり、整列されます。

With link

director.transitions = [ "dissolve", "pixellate" ] link

with ステートメントに利用可能なトランジションのリストです。トランジションは自動検出できないため、手動で追加するべきです。

Play, Queue, Stop, and Voice link

director.audio_channels = [ "music", "sound", "audio" ] link

play, show, stop ステートメントで使用されるオーディオチャンネルの名前です。

director.voice_channel = "voice" link

ボイスに使用されるオーディオチャンネルの名前です。

director.audio_patterns = [ "*.opus", "*.ogg", "*.mp3" ] link

オーディオチャンネルで利用可能なファイルの検索に使用されるオーディオパターンのデフォルトリストです。

director.audio_channel_patterns = { } link

チャンネル名をキー、そのチャンネルで利用可能なファイルの検索に使用されるオーディオパターンを値とするmap型です。例えば、これが { 'sound' : [ 'sound/*.opus' ], 'music' : [ 'music/*.opus' ] } に設定されると、music と sound チャンネルは自身のパターンを所得します。

Access link

director.button = True link

True なら、 director director ウィンドウにアクセスするボタンつきのスクリーンを表示します。 False なら、 director.Start アクションを利用可能にして、ゲームは自身からアクセス可能にします。

Line Spacing link

director.spacing = 1 link

director の (scene, show, hide, with, play, queue, voice) 行や、director 以外の行などの行間を空けます。これらのスペースは 0 または 1 であるべきで、それ以上のスペースは動作しないでしょう。

director.director_spacing = 0 link

連続する director 行の行間です。

director.other_spacing = 0 link

連続する director 以外の行の行間です。

Viewport link

director.viewport_height = 280 link

director に使用されるスクローロ可能な viewport の最大高さです。

Audio Filename Functions link

ディスク上のファイル名を Python ソースコード上でのファイル名に変換する多くのオーディオファイルネーム関数があります。例えば、以下のステートメントは

define config.voice_filename_format = "v/{filename}.ogg"

次の関数を定義して同じことができます。

init python in director:

    def audio_code_to_filename(channel, code):
        """
        This converts the name of an audio filename as seen in the code,
        to the filename as seen on disk.
        """

        if channel == "voice":
            return "v/" + code + ".ogg"

        return code

    def audio_filename_to_code(channel, fn):
        """
        This converts the name of an audio filename on disk to the filename
        as seen in code.
        """

        if channel == "voice":
            return fn.replace("v/", "").replace(".ogg", "")

        return fn

    def audio_filename_to_display(channel, fn):
        """
        This converts the audio filename as seen on disk so it can be
        presented to the creator.
        """

        if channel == "voice":
            return fn.replace("v/", "").replace(".ogg", "")

        return fn

to match it.