Store 変数 link

Ren'Py はその機能を制御するいくつかの store 変数を持ちます。 store 変数はたぶん何度も変更されるでしょう。 store 変数はゲームが開始されてから変更されると、セーブシステムによりセーブロードされ、ロールバック時にもロールバックされます。

adv = Character(...) link

これは ADV モードのテンプレートキャラクターで、 Character() が呼び出されるとデフォルトで kind に使用されるキャラクターです。

_confirm_quit = True link

これはゲーム終了時に確認するかを決定します。スプラッシュスクリーン中は False に設定され、またメインメニューでは無視されます。

_dismiss_pause = True link

True ならパーズとトランジションを跳ばせます。

_game_menu_screen = "save" link

これは特定のスクリーンを選択せずにゲームメニューに入ったときに表示されるスクリーンです。 ( 例えば右クリック、エスケープ、 ShowMenu() で引数が与えられなかった場合 ) None を指定するとゲームメニューを開けなくなります。

これはスプラッシュスクリーンの開始で None に設定され、スプラッシュスクリーンの終了で元の値に戻ります。

_history = True link

If true, Ren'Py will record dialogue history when a line is shown. (Note that config.history_list_length must be set as well.)

_history_list = [ ] link

これは履歴のリストで、古いもの順に履歴の各行に対応しています。詳細は History を参照してください。

_ignore_action = None link

None でなければ、エラーハンドルスクリーンで無視をクリック後に実行されるアクションです。このアクションは通常エラーから回復できる場所へジャンプする Jump() アクションです。 None なら、次の Ren'Py ステートメントに制御は続きます。

main_menu = False link

Ren'Py はメインメニューにいる間この変数を True に設定します。これはメインメニューでは違うスクリーンを表示するために使用出来ます。

_menu = False link

Ren'Py はメインメニューやゲームメニューコンテキストにいる間この変数を True に設定します。

menu = renpy.display_menu link

The function that's called to display the in-gamemenu. It should take the same arguments as :func`renpy.display_menu`. Assigning nvl_menu() to this will display an nvl-mode menu.

mouse_visible = True link

Controls if the mouse is visible. This is automatically set to true when entering the standard game menus.

name_only = Character(...) link

これは say ステートメントで文字列でキャラクター名が指定された時に使用されるテンプレートキャラクターです。

"Eileen" "Hello, world."

これは次と等価です:

$ temp_char = Character("Eileen", kind=name_only)
temp_char "Hello, world."

except that the temp_char variable is not used.

narrator = Character(...) link

ナレーション ( キャラクターやキャラクター名を指定しない say ステートメント ) を話すキャラクターです。

"Hello, world."

これは次と等価です:

narrator "Hello, world."
_rollback = True link

ロールバックの許可を制御します。

say = ... link

A function that is called by Ren'Py to display dialogue. This is called with three arguments. The first argument (who) is the character saying the dialogue (or None for the narrator). The second argument(what) is what dialogue is being said.

The third argument must be a keyword argument named interact and defaulting to True. If true, the say function will wait for a click. If false, it will immediately return with the dialogue displayed on the screen.

台詞で簡単にキャラクターを呼び出せるので、この関数を直接呼び出すことは滅多にありません。この変数はほとんど say ステートメントにフックを掛けて、再定義するために存在します。

save_name = "" link

セーブに含まれるセーブ名です。

_skipping = True link

スキップの許可を制御します。

_window = False link

This set by the window show and window hide statements, and indirectly by window auto. If true, the dialogue window is shown during non-dialogue statements.

_window_auto = False link

This is set to true by window auto and to false by window show and window hide. If true, the window auto behavior occurs.

_window_subtitle = '' link

これは config.window_title の末尾に付け足され、ゲームウィンドウのキャプションになります。これはゲームメニューでは自動的に config.menu_window_subtitle に設定されます。