自己発話機能 link

Ren'Py は、音声合成機でテキストやその他のインターフェイス要素を読み上げる、自己発話機能に対応しています。これは、Ren'Py のゲームで視覚障害者の操作性を向上させることを目的としています。

自己発話モードは、v キーにより切り替えることができます。

自己発話モード中はキーボードナビゲーションが変更され、上下矢印キーにより、画面上のすべてのフォーカス可能な displayable を辿ることが可能となります。

displayable がフォーカスされると、Ren'Py は displayable に関連付けられたテキストを発話します。displayable がフォーカスされていない場合は、Ren'Py は画面上のフォーカス不可能なテキストを発話します。これは一般に、会話や、ゲームを構成するその他のテキストを含みます。

音声合成 link

Ren'Py はオペレーティングシステムが提供する音声合成サービスに依存しています。音声合成の速度や使われる声を調整するには、お使いのプラットフォームの発話設定を調整してください。

Windows

Windows では、Ren'Py は Microsoft Speech API を使用します。音声合成の設定は、「音声認識」コントロールパネルの「音声合成」タブから変更することができます。

Mac OS X

Mac OS X では、Ren'Py は say コマンドを使用します。音声合成の設定は、「音声入力と読み上げ」コントロールパネルの「テキスト読み上げ」タブから変更することができます。

Linux

Linux では、Ren'Py は espeak コマンドを使用します。自己発話機能を動かす前に、パッケージマネージャーで espeak をインストールしておく必要があります。

Android, iOS, Chrome OS

Android, iOS, Chrome OS では自己発話機能に対応していません

config.tts_voice 変数を使用するとプラットフォームによってデフォルトのボイスが選択出来ます。

init python:

    if renpy.windows:
        config.tts_voice = "Mark"
    elif renpy.mac:
        config.tts_voice = "Alex"
    elif renpy.linux:
        config.tts_voice = "english_rp"

利用可能なボイスはプラットフォームにより異なります.

作者に求められること link

Ren'Py の自己発話機能は、displayable からテキストを抽出し、プレイヤーに対して読み上げます。Ren'Py は2つの場所からテキストを抽出します。

Text displayables

Ren'Py は Text displayable からテキストを抽出し、プレイヤーに対して読み上げられるようにします。

代替テキスト

代替テキストは、displayable の alt スタイルプロパティーで与えられます。テキストとして、ボタンに与えられるアクションや、バーに与えられる値も可能です。

s代替テキストは Ren'Py の文字列翻訳システムを使用して翻訳されます。代替テキストは displayable やその子から取り出したテキストより優先されますが、そのような子のテキストでは "[text]" のような文字列補完が利用可能です。他の文字列補完は許可されません。

who_altwhat_alt 引数を Character に与えると、そのキャラクター名や本文に alt スタイルプロパティーが設定されます。例えば通常の思考にはイタリックを使用し、自己発話では思考であることを明示するキャラクターを定義します。

define thought = Character(None, what_italic=True, what_alt="I think, [text]")
叙述テキスト

叙述テキストは自己発話有効時にナレーターによって表示される ( 話される ) テキストです。自己発話が無効だとテキストは表示されません。自己発話テキストはキャラクター同様に定義される sv 変数を使用します。

sv = ... link

自己発話有効時にテキストをナレーターに読み上げさせるキャラクター風オブジェクトです。

e "Hang on, this is gonna be a bumpy ride!"

sv "And then the sun exploded..."

# A complex and exciting cut scene.
show event sun_exploding
pause 10

Shif+alt+V で自己発話デバッグモードになります。これは開発用に読み上げるテキストをスクリーン上に表示します。